HOME > 会社案内 > 会社概要・沿革

  • ご挨拶
  • 会社概要
  • 安全衛生理念
  • アクセス
  • 採用情報
  • 安心安全に関する取り組み
  • 国産食糧自給率UP
  • リンク

竹

会社概要

美味しさの花が咲く。

社 名
有限会社 千葉恵製菓
所在地
 
本社 本社工場  / 〒029-4102 岩手県西磐井郡平泉町平泉字佐野原59-3
    一関工場  / 〒021-0041 岩手県一関市赤荻字清水209-1
所在地
 
TEL:0191-46-2791(本社工場) FAX:0191-46-4110
TEL:0191-25-5354(一関工場) FAX:0191-25-5312
創立年月
昭和37年9月
代表者
代表取締役   千 葉 正 利
資本金
1,000万円
従業員数
 
 
 
 
全社 95人 (平成24年7月末日現在)
       内訳  本社工場    38人(男 12人 / 女 26人)
            一関工場    54人(男 15人 / 女 39人)
            菜の花菓子舗  3人(男  1人 /  女 2人)
                  ※パートナー社員(期間契約社員)含む。
主な取引先
 
  
白石食品工業㈱、㈱オリオンベーカリー、岩手県産㈱、大手量販店及び県内外の
SMチェーン、CVSチェーンなどを中心に北海道から九州まで販路を拡大しております。 一部OEM商品も製造しております。
主な商品 
 
 
串団子各種、大福各種、雁月、饅頭各種、どら焼き、ドーナツ、ホットケーキ、
お盆菓子(落雁)、その他かりんとう饅頭(黒糖)、かりんとう饅頭(くるみ)
などの進物商品
主な製造設備 
 
 
 
 
団子製造ライン(団子成型機×2機)、大福製造ライン(7,200個/時)、
饅頭製造ライン(CN-500、トンネル式蒸し機、バッチ式2機)、蒸練機3機、
どら焼き製造ライン、ドーナツ製造ライン(6,000個/時)、
焼き菓子製造ライン(トンネル式オーブン)、その他ハンドメイド成型ライン、
各種縦型、横型ミキサ、急速冷凍庫、
40フィートコンテナ冷凍庫1基、20フィート冷凍庫2基など

本社平泉工場

一関工場


沿革

  戦後岩手県一関町山目村(現一関市山目町)で
現社長の祖父千葉恵吉が秋田県平鹿郡横手町(現横手市)より葡萄の仕入れと販売(行商)を開始する。同時に自宅にて「油麩」の製造も開始し行商を行う。 これが有限会社千葉恵製菓の原点です。
現社長の父、初代社長千葉誠が家業を手伝い商いを学ぶ。
昭和37年9月 初代社長 千葉 誠が岩手県一関市山目町3丁目2-12拙宅に於いて 千葉恵菓子店を創業し和洋菓子の製造卸販売を開始する
昭和47年9月 現在の本社岩手県西磐井郡平泉町平泉字佐野原59-3に
事務所並びに工場を新築移転する
昭和48年1月 有限会社 千葉恵製菓を法人設立する
資本金300万
当時の従業員数 70名  男23名  女47名  平均年齢28歳
昭和53年11月 資本金600万円に増資
昭和62年11月 資本金1,000万円に増資
平成3年9月 一関市赤荻字清水209-1に
有限会社 千葉恵製菓 一関工場を新築する
平成10年2月 2代目代表取締役社長に千葉正利(現社長)が就任し現在に至る
平成19年8月 一関工場に手成型部門用空調作業室増設
平成24年8月 平泉本社事務所を改装移転

平泉工場 落成当時